はじめの一歩 一歩がスキンヘッドに 1247話 感想 ネタバレ

2018年12月26日発売のマガジン2019年4・5号にはじめの一歩1247話は掲載されています。

今回のはじめの一歩は巻頭カラー。

そして18ページ掲載。

今までの一歩の歩みをまとめたページがって、今からでも一歩は楽しめると紹介されていました。

今回の話で驚いたのは一歩がスキンヘッドになっていたこと。

一歩の母親はハサミを使っていたのでスキンヘッドになるのは予想外でしたね。

頭を丸めて鴨川ジムに行き会長に迷惑をかけるから破門にしてくれと頼むのですが、鴨川会長は一歩の申し出を一蹴。

一歩へのバツとして2つのことを言いつけます。

一つはジムの掃除を毎日すること。

確か一ヶ月間だったかな。

そして二つ目は入門希望をしてきた泰平と金田の面倒を見ること。

金田って誰やねんと思いましたよ。

泰平と金田もスキンヘッドになっていて、もう訳がわからない。

結構見分けをつけるが難しい。

そしておおたかの予想通り、泰平が青木の弟だということがわかりました。

やはり鷹村の七年殺しの餌食になるのは青木だったか。

今回の1247話で気になったのは鷹村の暴力。

ジムの前で泰平と金田が一歩へ入門のお願いをするんですが、うるさいと鷹村は殴りつけます。

それを見た青木や板垣が警察に電話しろと茶化すのですが、一歩があれほど暴力に対して反省しているのに鷹村のこの態度はどうなのかな?

結局はじめの一歩の世界では、一般人にボクサーが暴力をふるっても笑い話しになってしまうということなのでしょうか?

なんとなく嫌なものを感じました。

あとスキンヘッドが3人いると見分けつけるのが結構時間がかかりそうだなと。

それなりに顔を見ている泰平でさえ、髪がないとちょっと誰か分からない。

金田とかいう奴はどんな髪型をしてたんだろう。

これからスキンヘッドだから少しずつ髪が伸びてっ足りるのかな?

と今回の1247話を読んで思いました。

結局、一歩へのお咎めはなしで終わりですね。

もう少し掘り下げるのかなと思ったけど、身内への暴力だったから有耶無耶という終わり方なのは釈然としないものがあります。

ただもうこれ以上この話を引っ張られても正直つまらない。

一歩は反省していると言っても、泰平に対してというよりも会長に対してだし。

本当に反省しているのなら泰平を探し出せばいいのに、それもしなかった。

結局反省しているといっても口ばかりで、全然行動しないのはイラッとしましたね。

だからもうこの話はおしまいでいいかな。

次回の1248話でさっさと一歩のトレーナー編でも始めてくれ。

そんな気持ちです。

あと巻頭カラーのアオリに一歩の復帰を匂わすような言葉が書かれていましたね。

やっぱり復帰するのかと。

だったらさっさと復帰してほしいです。

アオアシ 161話 最新話 ネタバレ 感想

アオアシ161話を読みました。

161話はスピリッツ2019年4・5合併号に掲載されています。

福田監督がアシト達に指示した作戦は「ボールを持たせろ」。

サブタイトルの「ボール保持率0%」というのはそういうことか。

まあ0%というのは極端な話なんだろうけど、極力ボールを持たないということなんだろうな。

アシトは戸惑っていたけど小早川は頼りになるなあ。

福田監督の作戦に戸惑う1年生と違って、どっしり構えていた。

なんか最初は冷たい奴かなと思ったけど、頼りになる先輩だったな小早川。

あとゴールキーパーの秋山も頼りになる。

今回の161話には秋山の出番はなかったけど。

あとハーフタイムに小早川と秋山に言われた先輩でも指示しろという言葉。

ちゃんと朝利は「松永」と松永に指示を出していた。

アシトも小早川に指示を出して、辰巳からボールを奪うことに成功。

ここで161話は終わりだったけど、後半の守備には期待できそう。

あと気になったのはVANSの選手が話をしていたこと。

去年まで在籍していた羽田。

こいつが居たら今年はプレミア優勝も狙えたとか。

今は青森星蘭でキャプテンしてるらしいけど、エスペリオンにとっては強敵になりそうだ。

162話は来年の1月7日に発売されるスピリッツ6号に掲載されるのかな?

161話の終わりには休載のお知らせとかなかったし。

スピリッツの休載のお知らせは本当に分かりにくい。

けど今回はどこにも書いてなかったから多分大丈夫。

はじめの一歩 板垣のスランプに対して一歩は… 1247話の感想・ネタバレ

はじめの一歩1247話を読みました。

最近の話は泰平に平手打ちをした一歩がどうなるか?

今回の1247話でもその話は続きます。

前回の1246話で泰平は一歩に平手打ちされた記憶がないことがわかりました。

これはもう警察沙汰になることはなさそう。

それでも一歩は然るべき人にさばいてもらうみたいなことを言っています。

板垣はもう気にしなくていいのではというのですが、全く一歩は聞き入れません。

一歩は変なところで頑固です。

板垣は最近自分がスランプであることを一歩に相談するんですが

「うらやましい」

一歩はスランプになったことがなく、スランプになった板垣についてそう言います。

才能がなければスランプにはらないとも。

良い話のように描かれていますが、全くスランプ脱出のヒントにもならないし。

一歩が自分のことを才能がないというのは嫌味でした。

そして驚くのは鷹村が木の前に引いた線がまだ残っているということ。

土に引いた線なんてすぐに消えてしまいそうなものですが、まだ残っているのですね一歩の世界では。

よほど鷹村が深く線を引いたのでしょう・

それにしてもまだ人外の話。

どう決着つけるのか楽しみですけど、そろそろ飽きてきました。

鴨川ジムでは、鷹村が瓦の前で浣腸ポーズ。

どうやら浣腸の形で瓦割りをするようです。

ここで1247話は終わり。

今回は15ページ掲載でした。

鷹村が瓦割りに失敗して指を折ったりしたらどうするんだ?

そんなことを思いましたが大丈夫なんでしょう鷹村だから。

そしてこの鍛えた指から繰り出される浣腸の餌食になるのは、やはり青木なんだろうな?

泰平がグレる原因になったという兄は青木で、鷹村の浣腸で一件落着になりそう。

それでいいのかどうかは置いておいて。

でも森川ジョージ先生は読者の予想を裏切るのが好きだからなあ。

ここまで泰平の兄は青木というのがわかりやすいと、全然別のキャラを兄にもってきそう。

はじめの一歩 人外の伏線がここで… 1244話 感想 ネタバレ

2018年11月28日発売のマガジン52号に掲載されているはじめの一歩1244話「自首」。

読みました。

一歩は交番に行き、その後にラーメン屋に鷹村を始めとした鴨川ジムの面々が集まってきました。

ここで梅沢がいじめはいけないという話を始めます。

梅沢が一歩を高校時代にいじめていたことを後悔し反省しているのはよくわかったのですが、こう何度も繰り返されるとちょっとしつこいというか。

梅沢がひどく後悔していることもわかりますし。

改心したこともわかります。

でもそれってもう充分に描かれていると思うんですよね。

それをここに来てまだやるのかと。

ちょっと描写がしつこすぎるような。

ここにページを割くくらいなら、もっと話を進めて欲しい。

と感じました。

そして泰平を殴った時の一歩が怖かったという話を聞いた板垣が、大ゴマで「人外」というところはちょっと笑ってしまいました。

ここで1244話は終わり。

なんというか話が進みません。

今週は13ページで減ページということもあって、余計にそう感じます。

そして来週は休載。

話が進まないですね。

話の展開にもストレスを感じるのですが、はじめの一歩の掲載スピードの遅さにもストレスを感じます。

はじめの一歩は雑誌の掲載中に読んでいると展開が遅くてイライラするのですが、単行本で読むとそうでもないということがありました。

ゲドー戦とか。

この展開の遅さも単行本で読めば違うのかな?

それにしても鷹村が言っていた人外という言葉が、いまさら登場するとは思いませんでした。

まあ一歩が復帰するなら、そういう人外になったとか思い切った理由が必要でしょう。

とはいえ人外になっても、一歩はパンドラ予備軍であることは変わらず。

人外になったからパンチドランカーが完治したということにするのもなあ。

そんな状態の一歩がボクシングのリングに上げるのは、どう考えてもダメでしょう。

作者の森川ジョージ先生は、実際にボクシングジムのオーナーをしているわけで。

これが現実のボクシングにかかわらないような漫画家なら、パンドラが完治してリングに上がるという展開も許されるでしょう。

でも森川ジョージ先生はボクシングジムのオーナーで現実のボクシングにも関わっている。

そんな人がマンガの中とは言え、パンチドランカーを軽く扱っていいものか?

そう思うんですよね。

だから何故一歩をパンチドランカーの予備軍のようにしたんでしょうか??

森川ジョージ先生は、もしかしたら一歩の現役復帰などは考えてないのかも知れませんが。

次回のはじめの一歩 1245話を待つことにします。

こういうストレスが溜まる展開の先には、胸のすくような展開が待っていると信じて。

 

彼方のアストラ 47話 ネタバレ注意 ポリ姉の実年齢が判明

彼方のアストラ47話がジャンププラスで公開されたので、さっそく読んでみました。

そうすると最初のページに驚きのお知らせが。

なんと彼方のアストラは47話を含めて、残り3話。

つまり12月30日配信の49話で最終回をむかえることが発表されました。

そろそろクライマックスかなと思っていましたが、残り3話で完結なんですね。

ちょっと寂しい気持ちになります。

彼方のアストラ 47話の感想

シャルスが世界の秘密を語ります。

キトリーとルカが作中で言ってましたが複雑で混乱する話でしたね。

地球からアストラへの移住にはワームホールが必要だった。

しかしワームホールの存在が戦争を激化する原因に。

その結果、移住前の地球ではアストラの領地争いで人類の全人口の半分が失われる。

そんな愚かな行いに嫌気がさした人類はアストラでは戦争の原因となる宗教と武器を捨て去り、言語を統一。

世界政府が誕生。

そしてワームホールを完全に封印した。

最初からワームホールなんて存在しないことに。

でもこれにはムリがある話。

ワームホールが無ければ、地球から5000光年離れたアストラへの移住は不可能なことに。

だから移住しなかったことにした。

そしてつじつまを合わすために西暦を100年戻す。

第1世代は下の世代にこのことを伝えなかった。

その結果100年経過した今では真実を知る人間は100歳以上。

ほとんどいなくなってしまった。

カナタたちはアストラの歴史に何も疑いを持たないままになった。

歴史に対して疑いを持たないように教育されていた。

「そういう風に育ったからそうなった」

アリエスは自分たちもシャルスと違いはなかったと言う。

この場面は重いなあと感じました。

しかし、複雑な話だ。

まだイマイチ理解できていない。

賢い人が分かりやすく解説してくれないかなあ。

ただ100年西暦を戻したことで、ポリ姉が眠っていたのが12年ではなく112年。

だから実年齢が140歳というのは笑えました。

初恋ゾンビ 104話の感想ネタバレあり 席田の天草への初恋はきれいに浄化されることになった イブによれば素敵な失恋だったそうだ

初恋ゾンビ 104話「消化するカンバス」を読みました。

今回の話は席田に感情移入してしまいました。

愛情表現がきもいけど、こういう形でしか駄目だったろうなと思うと。

104話のあらすじ(ネタバレあり)

指宿「ヌードデッサンなんて駄目に決まってるだろ!!」

それを聞いて止めに入る江火野。

実はヌードデッサンを要求されていたのは指宿くんではなく、天草さんだった。

それも駄目だけど。

席田は転校してきた当初から、指宿くんが女の子だということに気付いていた。

ただとくに興味もなかったのでバラすつもりは無かったが、今回口止め料として使える

そう考えた席田(むしろだ)は、指宿(いぶすき)くんに天草さんにヌードデッサンを頼んでくれるようにお願いする。

その結果が指宿くんがそんなの駄目だと叫ぶことになったのだ。

江火野がヌードデッサンはムリでも、1日絵のモデルになるくらいならと聞いてみることにする。

翌日。

天草「っっ対、ヤダ!!!」

と当然の反応。

江火野もそうだよねえと同意しながらも

「絵のモデルになってくれたら、亜美のことをすっぱり諦めると席田くんが言ってるんだけど…」

と伝える。

それを聞いて龍が自分が同伴するならどうだと提案。

そこに席田がやってきて「それは不可。天草さんと2人きりにしてくれないと描けない」

と釘をさす。

アマクサZ2の失恋化が悪化。

龍に近き説得しろと囁く。

その声に影響されて龍は「…1回だけだと。我慢しろよ。」

それを聞いて泣きそうになる天草。

龍はこんなこと思ってないのに何でと驚く。

天草はせっかく龍と両思いになれたのに何でじゃまするのとその場を逃げ出す。

追いかけようとする席田を江火野が止めようとするが。

またアマクサZ2が江火野に干渉して、席田を離してしまう。

タロウが席田の肩をつかむ。

席田にタロウは「恋をしたことを後悔はさせない。」

崩壊後。

絵のモデルを引き受けることになった天草。

龍とは仲直りできたようだ。

タロウが眼鏡のない天草を描きたいからと天草に眼鏡を取ってもらう。

天草の視力が悪いことを利用して、絵に書いた龍を置くことでごまかすことにした。

その絵を描いたのは席田なのでかなり雑。

二人きりになる天草と席田。

席田は龍の方を見てくれるように頼む。

その時の表情にハッとする席田。

筆をすすめる。

絵を書き終わった後、天草は龍が好きだから何もしてあげられないけど、席田を好きになってくれる人があらわれたら、もっと素敵な絵を描けると思うと伝える。

その言葉に席田は「ありがとう」と答える。

タロウ、江火野、指宿が完成した絵を見ると、後ろ向きに走っていく天草の姿が。

タイトルは「俺から逃げる天草さん」

アマクサz2が浄化されて絵の中へ吸い込まれていく。

タロウと指宿が帰宅中。

タロウ「あれって消えたのか?」

指宿「あの絵に思い出として封じ込められたんじゃないか?」

イブ「あんな素敵な失恋もあるんだね」

ここで104話は終わり。

105話からは新章突入だそうです。

ビースターズ 61話の感想 ネタバレ注意 パンダ先生再登場

週刊少年チャンピオン2018年1号に掲載されているビースターズ61話を読みました。

大好きなパンダ先生ことゴウヒンの再登場。

レゴシとの再会シーンがかっこよすぎでしょ。

レゴシとジャックの友情

レゴシはジャックに助けを呼ぶんですよね。

電話をかけるんですけど、居場所を伝える余力もなくて鼻息しか出ないの。

でも、ジャックはそれでレゴシが助けを求めていることが分かって探しに行く。

ジャックはレゴシに対して献身的だなあ。

友情を超えたものを感じる。

ラブラドールレトリバーの嗅覚をフル活用して、レゴシを見つけるジャック。

それでジャックは血まみれで倒れいてるレゴシを見て卒倒するんですよ。

その後、ジャックは学校からしばらく離れようとするレゴシを必死で止めようとする。

やっぱり友情以上のものを感じるこの2匹からは。

結局レゴシはジャックの前から姿を消します。

ゴウヒンの再登場

そして向かうのは裏市。

こういう時にレゴシが頼れる大人はあの人しかいないと。

裏市に向かう時にルイ先輩の所に行くのかなとも思ったのですが、やはりレゴシが頼りたかったのはゴウヒン。

レゴシは手土産を買おうと笹を売っている店に立ち寄ります。

そこで、レゴシはうじうじ考え出すんですよね。

助言が欲しいというのは建前で、本当は心の拠り所がほしいだけなんだ。

そんなこと言ってる場合じゃないと思うんだけどな。

そこへ、大量の笹を注文する客が。

その客こそゴウヒンその人。

傷だらけのレゴシを見て、ゴウヒン「派手なケガをしてるけど元気そうだな」

レゴシは何か言葉にしようとするのですけど、上手く言葉が出てきません。

そうしている間にゴウヒンが注文した大量の笹が用意されます。

(笹110Kg以上ですよ)

これを担いで店から立ち去ろうとするゴウヒン。

「ほしいものは全部自分で手に入れなきゃ血肉にならないぜ」と言い残して。

その言葉を聞いてレゴシは「ゴウヒンさん」と頭を下げます。

レゴシは決めたようです。

ゴウヒンから本当の獣の強さを学ぶことを。

ゴウヒンがこのレゴシの願いを聞き届けるかは分かりませんが。

それは62話でわかるでしょう。

サマータイムレンダ 6話の感想ネタバレ

サマータイムレンダ6話がジャンププラスで公開されたので読んでみました。

1話を読んでおもしろいと思ったのですが、2話目以降はページ数が少なく中々話が進まず。

ヤキモキさせられました。

CDのビニールの開け口が見つからないときのような気持ち。

そんな感じでした。

この6話でやっと話が動き出したように思えます。

サマータイムレンダ6話の感想

船で慎平と一緒だった女の人がボイスレコーダーに何か吹き込んでいる。

その内容は、なれ寿司が美味しかったとか。

自分が逆さになるのは、脳に血が集まって頭が冴えるからとか。

そんな世間話のようなことをボイスレコーダー吹き込んでいます。

そして最後に「そこら中にいるよ…まったく…しばらくは様子を見る」

と慎平たちを見つめる。

そこら中にいるというのは影のことでしょうか?

中々話の核心に進みませんね。

慎平は凸村を助けるための嘘の通報します。

そして自分のスマホのストレージをあけ長時間の録画できるようにして、家の前にスマホをセット。

これで影の澪を撮影して、証拠をおさえよとします。

その後慎平は鏡で自分の顔を見ると、右目の色が違うことに気づく。

この目の色が変わったというのは、あとあと何かの重要な情報になりそうです。

影の澪の撮影に成功し、澪にその動画を見せます。

ここでサマータイムレンダ6話は終わりです。

やっぱり、ページ数が少ないなあ。

もうちょっとページ数が欲しいです。

救いは毎週更新ということ。

あと、サマータイムレンダもコメント欄が閉じられていますね。

ネタバレとかされたくない作風なので、コメント欄が閉じられるのは仕方ないのかもしれません。

それにしても、ジャンププラスはコメント欄が閉じられる作品が増えました。

荒れているコメント欄は、あまり見ていて気持ちがよいものではないですから、コメント欄を閉じるのは正解なのかも。

でも、すぐにコメント欄で作品の感想を語り合えるというのもいいものなんですけどね。

サマータイムレンダ7話が公開されるのを待つことにします。

打ち切り?はじめの一歩 1202話の感想 ネタバレ注意

はじめの一歩が注目を集めています。

悪い意味で。

今回の1202話でゲバラ戦が終了。

一歩の負けという結果で…。

まさか、復帰戦で新型デンプシーの実験台と言われていたゲバラに負けるとは予想しませんでした。

最近の一歩は、以前と比べるとかなりつまらなくなっています。

そう考えているのは私だけでないようです。

はじめの一歩の中古市場での価格のえげつない下落を見れば分かります。

 

最新刊の1巻手前までの全巻セットでこの価格って…。

はじめの一歩は打ち切り?

巻末コメントは森川ジョージ先生のコメントが不穏な雰囲気だったので、打ち切りが決まったのではないかという憶測が流れています。

しかし、担当が打ち切りを否定。

これに対しての反応がキツイものがあります。

打ち切りではないことを喜ぶのではなく、もう終わってくれの大合唱。

 今回のゲバラ戦を読んでいると、こういう感想が出てくるのも仕方ないですね。
私ももう終わらせてあげた方がよいのではと思います。