ビースターズ 61話の感想 ネタバレ注意 パンダ先生再登場

週刊少年チャンピオン2018年1号に掲載されているビースターズ61話を読みました。

大好きなパンダ先生ことゴウヒンの再登場。

レゴシとの再会シーンがかっこよすぎでしょ。

レゴシとジャックの友情

レゴシはジャックに助けを呼ぶんですよね。

電話をかけるんですけど、居場所を伝える余力もなくて鼻息しか出ないの。

でも、ジャックはそれでレゴシが助けを求めていることが分かって探しに行く。

ジャックはレゴシに対して献身的だなあ。

友情を超えたものを感じる。

ラブラドールレトリバーの嗅覚をフル活用して、レゴシを見つけるジャック。

それでジャックは血まみれで倒れいてるレゴシを見て卒倒するんですよ。

その後、ジャックは学校からしばらく離れようとするレゴシを必死で止めようとする。

やっぱり友情以上のものを感じるこの2匹からは。

結局レゴシはジャックの前から姿を消します。

ゴウヒンの再登場

そして向かうのは裏市。

こういう時にレゴシが頼れる大人はあの人しかいないと。

裏市に向かう時にルイ先輩の所に行くのかなとも思ったのですが、やはりレゴシが頼りたかったのはゴウヒン。

レゴシは手土産を買おうと笹を売っている店に立ち寄ります。

そこで、レゴシはうじうじ考え出すんですよね。

助言が欲しいというのは建前で、本当は心の拠り所がほしいだけなんだ。

そんなこと言ってる場合じゃないと思うんだけどな。

そこへ、大量の笹を注文する客が。

その客こそゴウヒンその人。

傷だらけのレゴシを見て、ゴウヒン「派手なケガをしてるけど元気そうだな」

レゴシは何か言葉にしようとするのですけど、上手く言葉が出てきません。

そうしている間にゴウヒンが注文した大量の笹が用意されます。

(笹110Kg以上ですよ)

これを担いで店から立ち去ろうとするゴウヒン。

「ほしいものは全部自分で手に入れなきゃ血肉にならないぜ」と言い残して。

その言葉を聞いてレゴシは「ゴウヒンさん」と頭を下げます。

レゴシは決めたようです。

ゴウヒンから本当の獣の強さを学ぶことを。

ゴウヒンがこのレゴシの願いを聞き届けるかは分かりませんが。

それは62話でわかるでしょう。

サマータイムレンダ 6話の感想ネタバレ

サマータイムレンダ6話がジャンププラスで公開されたので読んでみました。

1話を読んでおもしろいと思ったのですが、2話目以降はページ数が少なく中々話が進まず。

ヤキモキさせられました。

CDのビニールの開け口が見つからないときのような気持ち。

そんな感じでした。

この6話でやっと話が動き出したように思えます。

サマータイムレンダ6話の感想

船で慎平と一緒だった女の人がボイスレコーダーに何か吹き込んでいる。

その内容は、なれ寿司が美味しかったとか。

自分が逆さになるのは、脳に血が集まって頭が冴えるからとか。

そんな世間話のようなことをボイスレコーダー吹き込んでいます。

そして最後に「そこら中にいるよ…まったく…しばらくは様子を見る」

と慎平たちを見つめる。

そこら中にいるというのは影のことでしょうか?

中々話の核心に進みませんね。

慎平は凸村を助けるための嘘の通報します。

そして自分のスマホのストレージをあけ長時間の録画できるようにして、家の前にスマホをセット。

これで影の澪を撮影して、証拠をおさえよとします。

その後慎平は鏡で自分の顔を見ると、右目の色が違うことに気づく。

この目の色が変わったというのは、あとあと何かの重要な情報になりそうです。

影の澪の撮影に成功し、澪にその動画を見せます。

ここでサマータイムレンダ6話は終わりです。

やっぱり、ページ数が少ないなあ。

もうちょっとページ数が欲しいです。

救いは毎週更新ということ。

あと、サマータイムレンダもコメント欄が閉じられていますね。

ネタバレとかされたくない作風なので、コメント欄が閉じられるのは仕方ないのかもしれません。

それにしても、ジャンププラスはコメント欄が閉じられる作品が増えました。

荒れているコメント欄は、あまり見ていて気持ちがよいものではないですから、コメント欄を閉じるのは正解なのかも。

でも、すぐにコメント欄で作品の感想を語り合えるというのもいいものなんですけどね。

サマータイムレンダ7話が公開されるのを待つことにします。

打ち切り?はじめの一歩 1202話の感想 ネタバレ注意

はじめの一歩が注目を集めています。

悪い意味で。

今回の1202話でゲバラ戦が終了。

一歩の負けという結果で…。

まさか、復帰戦で新型デンプシーの実験台と言われていたゲバラに負けるとは予想しませんでした。

最近の一歩は、以前と比べるとかなりつまらなくなっています。

そう考えているのは私だけでないようです。

はじめの一歩の中古市場での価格のえげつない下落を見れば分かります。

 

最新刊の1巻手前までの全巻セットでこの価格って…。

はじめの一歩は打ち切り?

巻末コメントは森川ジョージ先生のコメントが不穏な雰囲気だったので、打ち切りが決まったのではないかという憶測が流れています。

しかし、担当が打ち切りを否定。

これに対しての反応がキツイものがあります。

打ち切りではないことを喜ぶのではなく、もう終わってくれの大合唱。

 今回のゲバラ戦を読んでいると、こういう感想が出てくるのも仕方ないですね。
私ももう終わらせてあげた方がよいのではと思います。