はじめの一歩 一歩がスキンヘッドに 1247話 感想 ネタバレ

2018年12月26日発売のマガジン2019年4・5号にはじめの一歩1247話は掲載されています。

今回のはじめの一歩は巻頭カラー。

そして18ページ掲載。

今までの一歩の歩みをまとめたページがって、今からでも一歩は楽しめると紹介されていました。

今回の話で驚いたのは一歩がスキンヘッドになっていたこと。

一歩の母親はハサミを使っていたのでスキンヘッドになるのは予想外でしたね。

頭を丸めて鴨川ジムに行き会長に迷惑をかけるから破門にしてくれと頼むのですが、鴨川会長は一歩の申し出を一蹴。

一歩へのバツとして2つのことを言いつけます。

一つはジムの掃除を毎日すること。

確か一ヶ月間だったかな。

そして二つ目は入門希望をしてきた泰平と金田の面倒を見ること。

金田って誰やねんと思いましたよ。

泰平と金田もスキンヘッドになっていて、もう訳がわからない。

結構見分けをつけるが難しい。

そしておおたかの予想通り、泰平が青木の弟だということがわかりました。

やはり鷹村の七年殺しの餌食になるのは青木だったか。

今回の1247話で気になったのは鷹村の暴力。

ジムの前で泰平と金田が一歩へ入門のお願いをするんですが、うるさいと鷹村は殴りつけます。

それを見た青木や板垣が警察に電話しろと茶化すのですが、一歩があれほど暴力に対して反省しているのに鷹村のこの態度はどうなのかな?

結局はじめの一歩の世界では、一般人にボクサーが暴力をふるっても笑い話しになってしまうということなのでしょうか?

なんとなく嫌なものを感じました。

あとスキンヘッドが3人いると見分けつけるのが結構時間がかかりそうだなと。

それなりに顔を見ている泰平でさえ、髪がないとちょっと誰か分からない。

金田とかいう奴はどんな髪型をしてたんだろう。

これからスキンヘッドだから少しずつ髪が伸びてっ足りるのかな?

と今回の1247話を読んで思いました。

結局、一歩へのお咎めはなしで終わりですね。

もう少し掘り下げるのかなと思ったけど、身内への暴力だったから有耶無耶という終わり方なのは釈然としないものがあります。

ただもうこれ以上この話を引っ張られても正直つまらない。

一歩は反省していると言っても、泰平に対してというよりも会長に対してだし。

本当に反省しているのなら泰平を探し出せばいいのに、それもしなかった。

結局反省しているといっても口ばかりで、全然行動しないのはイラッとしましたね。

だからもうこの話はおしまいでいいかな。

次回の1248話でさっさと一歩のトレーナー編でも始めてくれ。

そんな気持ちです。

あと巻頭カラーのアオリに一歩の復帰を匂わすような言葉が書かれていましたね。

やっぱり復帰するのかと。

だったらさっさと復帰してほしいです。

アオアシ 161話 最新話 ネタバレ 感想

アオアシ161話を読みました。

161話はスピリッツ2019年4・5合併号に掲載されています。

福田監督がアシト達に指示した作戦は「ボールを持たせろ」。

サブタイトルの「ボール保持率0%」というのはそういうことか。

まあ0%というのは極端な話なんだろうけど、極力ボールを持たないということなんだろうな。

アシトは戸惑っていたけど小早川は頼りになるなあ。

福田監督の作戦に戸惑う1年生と違って、どっしり構えていた。

なんか最初は冷たい奴かなと思ったけど、頼りになる先輩だったな小早川。

あとゴールキーパーの秋山も頼りになる。

今回の161話には秋山の出番はなかったけど。

あとハーフタイムに小早川と秋山に言われた先輩でも指示しろという言葉。

ちゃんと朝利は「松永」と松永に指示を出していた。

アシトも小早川に指示を出して、辰巳からボールを奪うことに成功。

ここで161話は終わりだったけど、後半の守備には期待できそう。

あと気になったのはVANSの選手が話をしていたこと。

去年まで在籍していた羽田。

こいつが居たら今年はプレミア優勝も狙えたとか。

今は青森星蘭でキャプテンしてるらしいけど、エスペリオンにとっては強敵になりそうだ。

162話は来年の1月7日に発売されるスピリッツ6号に掲載されるのかな?

161話の終わりには休載のお知らせとかなかったし。

スピリッツの休載のお知らせは本当に分かりにくい。

けど今回はどこにも書いてなかったから多分大丈夫。

はじめの一歩 板垣のスランプに対して一歩は… 1247話の感想・ネタバレ

はじめの一歩1247話を読みました。

最近の話は泰平に平手打ちをした一歩がどうなるか?

今回の1247話でもその話は続きます。

前回の1246話で泰平は一歩に平手打ちされた記憶がないことがわかりました。

これはもう警察沙汰になることはなさそう。

それでも一歩は然るべき人にさばいてもらうみたいなことを言っています。

板垣はもう気にしなくていいのではというのですが、全く一歩は聞き入れません。

一歩は変なところで頑固です。

板垣は最近自分がスランプであることを一歩に相談するんですが

「うらやましい」

一歩はスランプになったことがなく、スランプになった板垣についてそう言います。

才能がなければスランプにはらないとも。

良い話のように描かれていますが、全くスランプ脱出のヒントにもならないし。

一歩が自分のことを才能がないというのは嫌味でした。

そして驚くのは鷹村が木の前に引いた線がまだ残っているということ。

土に引いた線なんてすぐに消えてしまいそうなものですが、まだ残っているのですね一歩の世界では。

よほど鷹村が深く線を引いたのでしょう・

それにしてもまだ人外の話。

どう決着つけるのか楽しみですけど、そろそろ飽きてきました。

鴨川ジムでは、鷹村が瓦の前で浣腸ポーズ。

どうやら浣腸の形で瓦割りをするようです。

ここで1247話は終わり。

今回は15ページ掲載でした。

鷹村が瓦割りに失敗して指を折ったりしたらどうするんだ?

そんなことを思いましたが大丈夫なんでしょう鷹村だから。

そしてこの鍛えた指から繰り出される浣腸の餌食になるのは、やはり青木なんだろうな?

泰平がグレる原因になったという兄は青木で、鷹村の浣腸で一件落着になりそう。

それでいいのかどうかは置いておいて。

でも森川ジョージ先生は読者の予想を裏切るのが好きだからなあ。

ここまで泰平の兄は青木というのがわかりやすいと、全然別のキャラを兄にもってきそう。